この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

5種類の成分

歯を白くする成分とは

次にホワイトニング歯磨き粉の歯を白くしてくれる成分についてご説明いたします。
歯磨き粉の歯を白くしてくれる成分といたしまして炭酸カルシウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、無水ケイ酸が挙げられます。
これらの成分は歯を白くするだけでなくさまざまな働きを併せて行ってくれます。

まず炭酸カルシウムと無水ケイ素は研磨剤となっており研磨剤には着色などといった汚れを落とす働きが合わせてあります。次にモノフルオロリン酸ナトリウムは歯の深いところまで浸透してくれるため歯垢などが再び歯に付着することを防いでくれます。虫歯ができやすい方などにはモノフルオロリン酸ナトリウムが含まれている歯磨き粉の使用をオススメいたします。

またポリリン酸ナトリウムも歯を白くする成分となっております。

歯を白く歯磨き粉の種類

最後に歯を白くしてくれるホワイトニング歯磨き粉の種類についてご説明いたします。
ホワイトニング歯磨き粉にはペースト状の歯磨き粉、ジェル状の歯磨き粉の2種類の歯磨き粉が存在いたします。

まずペースト状の歯磨き粉では市販での販売も多くされております。そのため身近に購入が可能なタイプの歯磨き粉となっております。値段も高くないため長期的に安心して購入を続けることが可能な歯磨き粉となっております。
またペースト状の歯磨き粉は泡立ちが良いです。そのため磨き残しなどを見つけることが難しい場合がありますため注意をしながら歯磨きをするようにしましょう。

次にジェル状の歯磨き粉はペースト状の歯磨き粉に比べて泡がそれほど立ちません。そのためしっかりと歯を磨くことができるためペースト状のように磨き残しを心配する必要がありません。